2011年04月03日

【瀧澤一郎】大震災支援と領空侵犯に見るロシアの本音[H23/3/31]




【瀧澤一郎】大震災支援と領空侵犯に見るロシアの本音
[H23/3/31]

SakuraSoTV








投稿者: SakuraSoTV | 作成日: 2011/04/01

日露関係に お詳しい 元防衛大学校教授の瀧澤一郎氏をお迎えし、東日本大震災に対する哀悼や支援と同時進行で、航空自衛隊戦闘機のスクランブル(緊急発進)につながるような領空接近などが発生-しているロシア情勢をめぐり、その"挑発"の狙いや、現在進行中の恐れのあるスパイの潜入について お話しいただくとともに、福島第1原子力発電所事故に見る風評被害や、データの解釈などについて、お話しいただきます。



非常事態省:160人体制の救援隊 その目的
大臣・ショーイグー:ゴルバチョフ・エリツィン時代から未だに生き残っている大臣。


ロシアの得意技:はいのり 背乗り ロシアスパイ 
今から15年前の東京・板橋でのロシアスパイ事件



瀧澤一郎氏
過去動画の一覧
http://goo.gl/MG7VR





チェルノブイリの事故の千分の一にもならないだろうとロシア専門家
ただしロシアマスコミは日本同様、過剰に騒いで見せている

たとえば原発から直接受けた損害を2000億円と仮に勘定してみれば
マスコミによる風評被害は2兆円相当になる(あくまで分かりやすく数字にしただけです)

原発による失業は6万人。

おそらく10年20年しても、原発周辺の人への健康被害はゼロと思われる。


ロシアの原発事故は本質的に違う。

日本の福島の原発は5重の隔壁。
圧力隔壁の破損ではない。おそらくバルブの破損。
チェルノブイリは何も隔壁が無い。ロシアンが露出している。
黒鉛のブロックで周りを覆って、濃く演じたいが燃えて周りが真っ赤になる。
ソ連最初の原子炉は未だに運転中。
原子炉の中を覗いてきた
放射能はある許容量がある。
一応250msv。
これ以下で健康被害が出たことは無い。

福島安全保安省の検査官が線量計で数百マイクロシーベルトが出た。
何の健康被害も無い。
水溜りの中に足を入れて160ミリシーベルト被曝したというが
浴びた、触ったという程度。

250msvの半分近いけど何の支障も無い

人間の体内には7000ベクレルある
人間の体から出ている


金町の浄水場でナントカ・ベクレル出たと
私は、どんどん水道飲めと言ってる
温泉に入ると10万(ミリ?マイクロ?)ベクレルだ。


ロシア
あの凄い地震に耐えた、問題は津波
津波でも、あれだけ耐えた、チェルノブイリには比較にならない
日本の技術は凄いことの証明だ、と評価してるジャーナリスト。
もちろんそうじゃない人も居る。

日本のテレビ新聞マスコミは、みんな左傾しているでしょ

解説する物理学者、東大の教授、ほとんど左翼
日本の物理学会は極めて左翼的
湯川秀樹教授に始まって、坂田 昌一/名古屋大教授 武谷三男 立教大 伏見 康治 東京教育大(筑波大)

この4人、反核左翼
伏見 康治は、しょっちゅうソ連に渡航。ソ連の核は良い核、アメリカの核は悪い核


日本の反核運動は下火だった


NHKの解説委員にひどいのが1人居る
ミリシーベルトとミリシーベルト /hrが分かってないのが居る。

武谷三男は、奥さんがロシア人。
物理学者じゃない。科学哲学史。
戦後の左翼の波で立教大教授になった。物理学じゃない。反核運動の理論的バックボーン。

日本の反原発運動、安井郁 やすい かおる これは党員
この娘も反核運動家


人間のおなかの中に7000ベクレルあるよ、といえば国民も安心する


茨城、栃木福島の野菜を捨ててる
あんなのトラック部隊が言って適正な値段で引き取って大即売会をすればいい
ガイガーカウンターを置いて「大丈夫だよ」と言ってうれば皆安心する
これこそ政治の役割だ


ドイツで、緑の党が勝って、海外でも日本の原発事故を利用してる
緑の党はモスクワと直結している

いまの菅政権は、自らの延命を図っているように感じる

政治宣伝屋の常套手段


もちろん放射能にはキチンと配慮が必要だ
だが今は日本人が怯えるように誘導している

今回の事故は10年後に正しい評価が出て
非常に大きな自然災害に耐えて、よく耐えたといわれる
非常に短い時間に日本人は回復できると思う

posted by News & Media at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

Stop the hysteria The Daniel Kahl 原子力発電所・地震・津波









投稿者: TheDanielKahl | 作成日: 2011/03/18

I am relating a message from the people of Japan to new services around the world -- STOP THE HYSTERIA. You are causing panic amongst the foreign community in Japan by exaggerating the situation at the Fukushima #1 Nuclear Power Plant. Listen to your own nuclear experts, and get back the job of reporting on the humantarian crisis evolving in North Japan.
カテゴリ:

ニュースと政治
タグ:

* nuclear
* crisis
* Japan
* earthquake
* tsunami
* foreign
* media
* exaggeration



posted by News & Media at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

TPP問題シンポジウム  中野剛志  東谷暁 カナダ農業はNAFTAで巨大アグリ企業に乗っ取られた





2.東谷暁「TPP...カナダ農業はNAFTAで巨大アグリ企業に乗っ取られた」





とても簡単に読めます。よろしければリンク先から目次・内容紹介だけでも見てみてください。

   ↓

【送料無料】TPPを考える

【送料無料】TPPを考える
価格:420円(税込、送料別)



出版元は農業に特化したJA関連の出版社です。




3.中野剛志「TPP...平成の黒船ではなく泥船、平成の開国ではなく売国」





立ち読みしてみましたが薄いのに内容がタップリあってオススメです。
クリックすると内容紹介・目次などが見られます。
一番最初に文章を書かれている方を飛ばして2番目の方から読んだほうが良いかも。
  ↓
【送料無料】TPP反対の大義

【送料無料】TPP反対の大義
価格:840円(税込、送料別)



コチラの本も、
出版元は農業に特化した出版社です。
農文協です。




2011.01.29 TPP問題シンポジウム(日比谷公会堂)
西部 邁(評論家)
東谷 暁(ジャーナリスト)
中野剛志(京都大学助教)
三橋貴明(経済評論家・作家)
片桐勇治(元国民新党広報部長・政治アナリスト)

posted by News & Media at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。