2009年01月01日

中国共産党プロパガンダ映画「ウイグル独立派vs公安の決戦〜

2008年12月30日 22:35:22 投稿
中共プロパガンダ「ウイグル独立派vs公安の決戦1」

中国当局製作の、公安と「民族分裂主義的テロリスト(=ウイグル独立派)」との戦いを描いたプロパガンダドラマ「新疆反恐紀実」からの一場面。公安・武警(武装警察)がウイグル独立派のアジトに総攻撃を加え、激しい死闘が展開されます。主人公らしき人物も重傷を負います。
欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

お得なポイント最大10倍のイベントも開催中!楽天市場



中国当局製作の、公安と「民族分裂主義的テロリスト(=ウイグル独立派)」との戦いを描いたプロパガンダドラマ「新疆反恐紀実」からの一場面。sm5706540の続きです。公安・武警(武装警察)がウイグル独立派のアジトに総攻撃を加え、激しい死闘が展開されます。独立派ゲリラの頑強な抵抗に手を焼いた公安は特殊部隊を投入、催涙弾だか火炎放射器だかよく分からない兵器の攻撃により炙り出されたゲリラ達は、文字通り機関銃で蜂の巣にされてしまいます。
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

お腹がすいた〜【出前店多数!】の楽天デリバリー!




2008年12月30日 20:46:54 投稿
中共プロパガンダ「模範的なウイグル人」
 中国当局製作の、公安と「民族分裂主義的テロリスト(=ウイグル独立派)」との戦いを描いたプロパガンダドラマ「新疆反恐紀実」より。このドラマの悪玉は中国からの新疆独立を企てるウイグル人ですが、善玉のウイグル人も、もちろん出てきます。これら善玉とされる模範的なウイグル人たちは、ウイグル語のみでなく漢語も流暢に話し、漢人とも“仲良く”やっていけます。また、体制に従順で、都市部での近代的な生活を志向するのも特徴です。これに対し、同化政策を拒絶してウイグル語のみを話し、宗教と伝統文化に固執する「悪玉」たちは徹底的に否定的に描かれるのでした。
お得なポイント最大10倍のイベントも開催中!楽天市場

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場




中国当局製作の、公安と「民族分裂主義的テロリスト(=ウイグル独立派)」との戦いを描いたプロパガンダドラマ「新疆反恐紀実」からの一場面。公安に追われて逃避行を続けるウイグル独立派の活動家らが、純朴な農夫を捕まえて「家族を皆殺しにするぞ!」と脅した挙句、これを道先案内人としてこき使います。しかし、その道中で一味がクルグズ(キルギス)人民兵の一団に発見され、動揺する隙をついて逃走。その後、民兵の連絡でかつけた公安により、一味は殲滅されてしまいます。
話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

コンサートには格安高速バスが便利!



2008年12月30日 05:57:10 投稿
中共プロパガンダ「公安、国境にてウイグル独立派の武器密輸を摘発」
 中国当局製作の、公安と「民族分裂主義的テロリスト(=ウイグル独立派)」との戦いを描いたプロパガンダドラマ「新疆反恐紀実」より。中国当局の公式見解では、新疆の民族問題は全てアル・カーイダなど国外のイスラーム原理主義勢力から支援を受けた一部の過激派が騒いでいるだけであり、中央の民族政策には何ら落度は無いとしています。そのような見解を反映して、このドラマにもカザフスタンとの国境で公安が武器の密輸を摘発する場面がわざわざ出てきたりします。
送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

タバコのにおいがダメな方へ 禁煙ルーム検索




2008年12月30日 06:29:55 投稿
中共プロパガンダ「公安、ウイグル独立派のイデオローグを逮捕」
中国当局製作の、公安と「民族分裂主義的テロリスト(=ウイグル独立派)」との戦いを描いたプロパガンダドラマ「新疆反恐紀実」より。アル・カーイダの指令の下に「テロリスト」たちを操り、また独自の宗教教育網によってウイグル人の子供らを洗脳せんとする独立派のイデオローグの自宅に対し公安の武警(武装警察)特殊部隊が急襲をかけ、そのイデオローグを逮捕してしまいます。なお、やはりここでも民族対立を起こさないための配慮なのか、特殊部隊にはウイグル人と漢人の双方がいて、イデオローグに縄をかけるのもウイグル系の公安高官です。
重たいドリンク送料無料でお届けも!買うなら楽天市場

家電もファッションも「安い」が勢ぞろい!楽天市場





2008年12月28日 07:48:57 投稿
中共プロパガンダ「宗教教育により子供を洗脳するウイグル独立派」
 中国当局製作の、公安と「民族分裂主義的テロリスト(=ウイグル独立派)」との戦いを描いたプロパガンダドラマ「新疆反恐紀実」からの一場面。その中では、村々で子供達に私的にイスラームについて教育する寺子屋のようなものが、子供らに幼い内から「悪い思想」を刷り込むための悪の巣窟として描かれています。個人宅を利用した粗末な施設で、教師であるモッラーは独立派の「テロリスト」と通じる悪者であり、言うことを聞かない子供らには虐待を加える、etc...。「中世的」な性格が強調されてるのが特徴です。非常に古典的な反宗教宣伝ですね。 
新品も中古も激安PC勢ぞろい!パソコン買うなら楽天市場

ホテルを面倒な会員登録なしで予約。フリーメール、携帯メールが使えるからとっても便利。



2008年12月30日 05:23:58 投稿
中共プロパガンダ「公安、ウイグル独立派の兵器廠を発見」
 中国当局製作の、公安と「民族分裂主義的テロリスト(=ウイグル独立派)」との戦いを描いたプロパガンダドラマ「新疆反恐紀実」より。まあ“兵器廠”といっても、単に手作業で拳銃を自作してた程度なんですが....。
お得なポイント最大10倍のイベントも開催中!楽天市場

あのブランド品が毎日激安特価!お買い物なら楽天市場



2008年12月28日 06:16:33 投稿
中共プロパガンダ「公安の派出所を襲撃するウイグル独立派」
 中国当局製作の、公安と「民族分裂主義的テロリスト(=ウイグル独立派)」との戦いを描いたプロパガンダドラマ「新疆反恐紀実」からの一場面。“アル・カーイダと結んで”新疆の分離独立を目指すウイグル独立派の一団が、拳銃と手榴弾で公安の派出所に夜襲をかけます。ここでも民族対立を煽らないようにするためか、殉職する警官はウイグル人が演じています。説明によれば、この事件は実際に起こったのだとかで後半には実写映像がつけられていますが、本当の所はどうなんだか。
家電もファッションも「安い」が勢ぞろい!楽天市場

出張応援!朝食付きプラン検索




2008年12月28日 06:40:22 投稿
中共プロパガンダ「粗暴なウイグル独立派」
 中国当局製作の、公安と「民族分裂主義的テロリスト(=ウイグル独立派)」との戦いを描いたプロパガンダドラマ「新疆反恐紀実」より。この物語に出てくるウイグル独立派の活動家は道で物売りにぶつかって売り物をひっくり返し、口論になったら逆切れして拳銃を突きつけたり、はたまた村で火薬を買いに行き、拒否されたらそこの家の嫁を人質にとって無理やり売らせるなどやりたい放題。物凄く粗暴に描かれています。これに対し、中国当局と公安サイドの人間は漢人にしろウイグル人にしろ品行方正。見てくれも悪者度は低めです。実に分かりやすいですね。
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

楽天トラベルなら、国内のホテルが会員登録なしで予約できます。フリーメール、携帯メールで予約ができるからとっても便利。



2008年12月24日 23:31:04 投稿
中共プロパガンダ「反民族分裂・反テロを唱えて決起するウイグル人」
 2008年1月頃ウルムチで入手したプロパガンダ風ドラマ「新疆反恐紀実」(漢語で“ 反恐”は“反テロ”の意らしい)の一場面。国際テロ組織「アル・カーイダ」の支援の下、新疆の独立・神聖一致のイスラーム国家の樹立を目指して意味も無く悪事を繰り返す"悪のテロ結社”に対し、ウイグル人民は公安にその取締りを要請し、自らも「民族分裂(=分離独立)反対」を叫んで立ち上がります。なお、このドラマ自体は“悪のテロ結社”と中国公安の“武警”がダルいバトルを延々と繰り返すだけで、ちっとも面白くないにも拘らず、海賊版のDVDは大きな店から個人営業の露店まで本当にいたる所でみかけました。案外、当局が配布していたのかもしれません。
重たいドリンク送料無料でお届けも!買うなら楽天市場

お世話になったあの人に…ギフト選びなら楽天市場へ





 

中国核実験46回 ウイグル人医師が惨状訴え   (1/3ページ)

2008.8.11 17:01
中国での核実験被害を告発するウイグル人医師、アニワル氏(撮影・原川貴郎)中国での核実験被害を告発するウイグル人医師、アニワル氏(撮影・原川貴郎)

 広島市で原爆死没者慰霊式・平和祈念式典に参列するため来日した中国・新疆ウイグル自治区出身の外科医アニワル・トフティ氏は都内で産経新聞と会見し、核実験で汚染された同自治区の実態を語るとともに、中国の五輪開催に抗議した。アニワル氏の証言の詳細は次の通り。

 

後遺症の恐怖

 中国は1964年10月以来、私たちの土地で46回にわたって核実験を実施してきましたが、この事実はまだまだ知られていません。区都ウルムチの病院の腫瘍(しゆよう)専門外科に勤務していた私はあるとき、病床に占めるウイグル人の割合が極めて大きいことに気付きました。そして調査・分析したところ、ウイグル人の悪性腫瘍の発生率が、中国の他の地域の漢人と比べて、35%も高いことが判明したのです。さらに漢人でも、新疆ウイグル自治区に30年以上住んでいる人は、悪性腫瘍発生率がウイグル人と同程度に高いことが分かりました。

 英国のテレビ局のドキュメンタリー番組に協力し、取材で潜入した先々では、放射能汚染の影響とみられる数々の悲惨な光景を目の当たりにしました。

 南新疆では、内臓異常で腹やのどなどが肥大化した人が大勢いる村がありましたし、先天性異常の大脳未発達で、歩くことも話すこともできない障害児ばかりが生まれる村もありました。また、ある山で木を切って調べたところ、広島に投下された原爆の300倍もの放射性の反応が出ました。

 しかし、中国は核実験による放射能汚染や後遺症の存在を認めていません。海外の医療団体などが調査に立ち入ることもできず、すべてが隠蔽(いんぺい)されているのです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080811/plc0808111717011-n1.htm

 

 

核実験と人権弾圧の中止を

 

 この時期を選んで、初めて日本を訪れた理由は2つあります。まず、原爆の悲惨さを世界で一番よく理解している日本の方々に、核の被害で苦しんでいるのは、日本人だけでないことを知ってもらいたかったからです。

 もう一つは北京五輪の開催への一種の抗議です。中国が初めて核実験をしたのは、まさに東京五輪の開会期間中でした。そして中国は核実験を繰り返すことで軍事力を世界に誇示しつつ、経済発展を遂げ、ついに五輪を開催できるまでになりました。しかし、その影で実験のモルモットにされたわれわれウイグル人の生命、土地、資源が犠牲となってきたのです。

 中国は北京五輪開催を機に、国際社会に人権状況の改善を約束しましたが、まったく守られていません。五輪終了後も、中国のウイグル人への人権弾圧は続くでしょう。

 日本には毅然(きぜん)として中国に対(たい)峙(じ)してもらいたい。日本が弱腰になれば、中国はますます増長します。アジア太平洋地域で私が待ち望んでいるのは、力強い日本であって、強大で独裁的な中国ではありません」

 

 アニワル・トフティ 1963年、新疆ウイグル自治区東部のコルム生まれ。区都ウルムチなどで病院に勤務し、98年に同自治区での核実験の影響を告発した英国テレビ局のドキュメンタリー番組の取材に参加し、99年に英国に政治亡命。世界ウイグル会議英国全権代表を務める。

 

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080811/plc0808111717011-n3.htm

 






世界ウイグル会議
http://www.uyghurcongress.org/SiteDesign/logo-JP.jpg




   
  
送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

真silkroad?

当ブログ(真Silkroad?)は東トルキスタンとも呼ばれる、中国領新疆ウイグル自治区においての中国の対ウイグル民族政策、人権状況などを海外メディアや在外ウイグル人団体の報道や声明を中心に紹介していくブログです。
07年11月に日本を訪れた女性人権活動家で世界ウイグル会議総裁のラビア・カーディルさんの活動も紹介しています



中国を追われたウイグル人







【ウルムチ紀行】(2)ウイグル族多くて驚き?

2009.1.1 13:00
ウルムチのウイグル族が集中する界隈。飲食物などの屋台が並び、にぎわっているウルムチのウイグル族が集中する界隈。飲食物などの屋台が並び、にぎわっている

 ウルムチ中心部のウイグル族が集まる地区をバスで通過したときのことだ。バスガイドがいわく。

 「漢族がほとんどみられないことに、みなさん驚くでしょう?」

 面を食らった。多くの少数民族が暮らす新疆ウイグル自治区も漢族の移住が進み、ウルムチではとくに漢族の姿が多い。ようやく少数民族の様子がうかがえたというのが正直な実感だったからだ。

 多くの男性は帽子をかぶり、女性はスカーフを頭部にまとうなどイスラム教を信仰するウイグル族らしい風情がある。ガイドの話では、この地区に暮らすウイグル族は約20万人という。

 ただ、「スリが多くて危険」との理由で、地区内を自由に歩くことはできなかった。訪中記者団一行が向かったのは、地区の一角にあり、ウイグル族らの店が多く集まる商業施設「国際大バザール」だった。

■新疆ウイグル自治区 周辺一帯はかつてシルクロードが通る交易上重要な地域で、多くの民族と国家による抗争の舞台だった。紀元前1世紀に前漢が遊牧国家の匈奴を退けて以降、中国王朝が西域経営を始めたが、その後、ウイグル人が勢力下におさめたほか、13世紀にはモンゴル帝国に組み込まれた。(宮下日出男、写真も)

http://sankei.jp.msn.com/world/asia/090101/asi0901011301002-n1.htm

 

【ウルムチ紀行】(1)シルクロードの街はどこに?

2008.12.31 19:00
ウルムチ市内で、トラックの荷台いっぱいのスイカを扱う少数民族男性たちウルムチ市内で、トラックの荷台いっぱいのスイカを扱う少数民族男性たち

 林立する高層ビルに、きれいに舗装された幅広い道路。シルクロードの街はどこに?今秋、訪れた中国西部新疆ウイグル自治区の区都ウルムチは想像以上に近代化された街だった。

 中国国土の6分の1を占める同自治区は歴史上、中国王朝に入ったり、遊牧民族が独立国家を建てたりしてきた地域だ。47民族が暮らし、人口約1900万人中、ウイグル族など少数民族が約6割を占める。その中心地で世界最内陸の都市であるウルムチは近年、急速に発展してきた。

 市内では古い商店やスイカを大量に運ぶ少数民族の姿など、かつての面影をうかがわせる光景もあった。だが、視線を変えると、その背後には新たに建設中のビルがそびえる。幹線道路では渋滞も起こり、高速道路が通る場所は「以前は川だった」(ガイド)。その開発ぶりには驚かされる。

■ウルムチ 17〜18世紀に一帯を支配したモンゴル系のジュンガル王国の言葉で「美しい牧場」を意味する。1700年代半ばに乾隆帝時代の清に征服されると、「迪化(てきか)」に改称されたが、新疆ウイグル自治区の発足に伴ってウルムチにもどった。(宮下日出男、写真も)

     ◇

 日中記者交流計画による日本新聞協会訪中記者団として10月31日〜11月3日まで訪れたウルムチの様子を4回にわたり紹介する。

 

http://sankei.jp.msn.com/world/asia/081231/asi0812311901001-n1.htm

 

 


ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場





中国の核実験

 

中国の核実験
放射線防護情報センター 「中国の核実験」著者の高田純先生のページ

放射線防護情報センター
「中国の核実験」著者 札幌医科大学教授 高田純先生のブログ

 







中国を追われたウイグル人
チュウゴクヲオワレタウイグルジン
亡命者が語る政治弾圧

水谷 尚子    
■内容紹介■
血も凍る拷問と虐殺。核実験場にされるウイグル自治区。中国の人権弾圧のおそろしい実態を、亡命者群像が生々しく証言し告発する
今年のサミットに際し、ブッシュ大統領がわざわざ会見した女性がいる。ラビア・カーディル女史。かつては中国十大富豪の一人、いまや米国にあって中国からのウイグル人亡命者の象徴的な存在となり、今年もまたノーベル平和賞の有力候補である。ラビア女史をはじめ、世界中に散らばるウイグル人亡命者を訪ね、中国の人権弾圧の実態を生々しくリポートしたのがこの本である。なお、ラビア女史は11月に来日、各地で講演が予定されている。(HH)





posted by News & Media at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。