2009年06月07日

【瀧澤一郎】見誤ってはならない対露外交の本質 / 第2次大戦への道(1918-1938) - ソビエト(ソ連)

 
【瀧澤一郎】見誤ってはならない対露外交の本質[桜 H21/6/4]

SakuraSoTV
2009年06月04日

ロシア情勢にお詳しい瀧澤一郎氏をお迎えし、「ロシア圧勝」とも言える日露外交の実態について、外交官養成の時点から始まる「馴れ合い外交」の惨状や、ロシアにとっては「存在しない」北方領土問題、裏目に出ている領土交渉の甘さなどを例にお話しいただくとともに、百年の計で臨むべき対露外交で日本が要とすべき姿勢や方向性についてもお聞き します。















2009年04月19日 11:02:50 投稿
【ソ連プロパガンダアニメ】タチャンカ















第2次大戦への道(1918-1938) - ソビエト(ソ連) 1 of 4

dqnmental07
2007年07月30日

ブレスト・リトフスク条約(1918)、レーニン、ドイツとの軍事協力関係(ラッパロ 条約秘密協定1922-1933)、スターリン独裁体制、教会の破壊、農業の集団化、 大飢饉、工業化、ヒトラー・ドイツとの関係悪化、大粛清(1936-1938)












第2次大戦への道(1933-1939) - ソビエト(ソ連) 2 of 4

スペイン内戦と政府軍支援、チェコスロバキア危機への対応とミュンヘン会談への不信感 (1938)、ノモンハン事件(1939)、独ソ不可侵条約と秘密議定書、ヒトラーと スターリン、ポーランド侵攻














第2次大戦への道(1939-1940) - ソビエト(ソ連) 3 of 4

ポーランドの扱い、カチンの森事件、ソビエト・フィンランド戦争と大苦戦(1939- 1940)、ドイツへの石油・原料供給、ドイツ快進撃と大粛清のツケに焦るスターリン 、モロトフ訪独と英空軍のベルリン爆撃(1940)














第2次大戦への道(1940-1941) - ソビエト(ソ連) 4 of 4

モロトフ訪独中のベルリン爆撃(1940)、ヒトラーを信用し騙 されたスターリン、ドイツ軍ソビエト侵攻(1941)、ドイツに 蹂躙されるソビエト民









 
 


posted by News & Media at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア・ソ連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。