2009年06月21日

湖北省で路上死男性の死因をめぐり暴動発生





湖北省で路上死男性の死因をめぐり暴動発生

2009/06/21(日) 12:04
  湖北省石首市のあるホテルで17日、このホテルのコックとみられる男性の死体が発見された。警察は自殺と判断したが、この捜査に対し遺族やネットユーザーが反発、群集が死体の火葬場への搬送を妨げるという事件が発生し、世間の注目を浴びた。20日更新の中国大手検索サイト百度(Baidu)の「検索ワード人気上昇ランキング」に事件の発生地「湖北石首」が登場した。

  自殺か他殺かを巡っての議論が、群集のデモ事件に発展した。法医学者による初歩的な検死の結果と、男性の住居から「世の中がいやになった」という内容の遺書が発見されたことが自殺の理由と警察が発表したが、遺族はこれに疑問持ち火葬を拒否、遺体をホテルのロビーに置きっ放しにしたようで、これによりホテル周辺に野次馬が群がっていったとみられる。ネット上の掲示板でもさまざまな憶測が飛び交い、警察の判断を疑問視する声が高まっていったようである。そして19日から20日にかけて、その一部が暴れだし、事の真相を知らない大部分の群集を巻き込んで放火や道路封鎖など暴動化していったという。暴動の参加者は1万人程度とする報道もあったが、実際のところはは不明である。 21日に入って、群集は解散、家族も火葬に同意したことで、遺体はようやく火葬場へ運ばれた。警察側も死因について改めて捜査中との事である。

  メディアではこの事件を大きく報道すると共に、「インターネットが普及した現代では、ほんの些細な事で暴動が発生する可能性がある。現地政府や警察が事件発生後速やかに続報をネット上で公開したり、記者会見を開いたりして最新の正確な情報を流していれば、根拠ない謡言の発生を防ぐことができたはずであり、『閉鎖的』『情報が不透明』といわれても仕方がない」と昨年貴州省で発生した16歳少女の飛び降り自殺を巡る暴動を挙げながら「反省が全く生かされていない」と地元政府や警察の対応の拙さを指摘する論調も見られた。

  「人肉捜査」に代表されるように、中国国内のインターネットによる扇動力は今や恐ろしいまでのパワーを身につけている。その原因がいったいどこにあるのかを、政府や警察は再度考え直す必要がありそうだ。(編集担当:柳川俊之)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0621&f=national_0621_008.shtml










2009年6月20日,中国湖北省石首市上万民众抵抗政府军队镇压。part 2










石首市警民對抗情況




















石首市群眾騷動 19/6/2009











darklygov
2009年06月20日































20090620石首一心(1)The people in Shishou are angry!


Shishou City, Hubei Province, tens of thousands of people thousands of armed police repulsed!

Shishou bizarre murder occurred, the police not only to crack the case and sent armed police force to suppress the people. Is this world there is no justice officials, leaving only the people of justice in return for only a merciless repression?


























湖北省石首市,几万民众将前来镇压的上千武警击退1


bxnews
2009年06月20日

Shishou City, Hubei Province, tens of thousands of people thousands of armed police repulsed!






















湖北石首上万人抗议 与警冲突

ntdtvchinese
2009年06月20日










 


不審死捜査に反発し暴動=200人が負傷−中国湖北省

 【北京20日時事】中国湖北省石首市で19日、24歳の男性の不審死を「自殺」と断定した警察当局の捜査に納得しない民衆による抗議行動が発生した。中国人権民主化運動情報センターによると、20日には2万人超の民衆が警察と衝突する暴動に発展、警棒で殴られるなどした民衆約200人が負傷したという。
 市側の発表では、男性は17日、同市内の勤務先のホテル前で遺体で発見された。警察は、遺書が見つかったとして他殺の可能性を排除した。
 一方、同センターによると、ホテルの経営者による殺害を疑った遺族が、火葬を急ぎ遺体を運び出そうとする警察当局を阻止。遺族に同情した民衆が当局に投石するなどし、衝突に発展した。警察・消防車両6台が破壊されたという。(2009/06/20-21:59)


http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009062000319











posted by News & Media at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国大陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。