2009年06月23日

イラン







※イラン関係の動画です。もっと早くにUPしようと思いつつ、何となくダラダラと遅くなって本日になりました。
サムネで分かると思いますがグロ注意です…。

※個人的には民主派、改革派..なんて呼称は、ちょっと素直に飲めないなぁ…という感じです。

※追記…あまりにもグロいというか刺激が強すぎるサムネイルは一番下まで移動しました・・・















tehran shooting Date unconfirmed















在日イラン人が抗議活動「現状知って」










 続きを読む
posted by News & Media at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

違法ビジネス vs イマイ 

いつもとは、ちょっと毛色の違うモノです。
犯罪・悪質商法ネタです。
結構、騙されてしまいそうな気がします…。



takashi5782
2009年05月06日

その1
預金口座・携帯電話を売却する違法ビジネスの実態をリダイヤルの イマイが追跡する。








2






3





420円
著者: 日本テレビ 

イマイと申します。

【内容情報】

「もう電話してくんじゃねえよ!」。悪徳業者の怒号が響き、電話ががちゃりと切られる。だがイマイ記者はひるむことなく、リダイヤルを続ける。奴らがボロを出し、降参するまで。現代日本に蔓延する、架空請求という名の詐欺。その巧妙な手口を白日のもとにさらすため、今日もイマイは、受話器を片手に追及を続ける。日本テレビの人気ドキュメントを収録した、執念と笑いの激闘録。

【目次】

第1章 イマイvs.海外ロト宝くじ業者/第2章 イマイvs.架空請求業者/第3章 イマイvs.指詰めのマサ/第4章 イマイvs.懸賞詐欺集団











振り込め詐欺 vs イマイ(1/2)

2009年04月24日


振込め詐欺 対 今井







振り込め詐欺 vs イマイ(2/2)





悪質商法のすごい手口
著者: 国民生活センター

高齢者を狙い巧妙な手口で忍び寄る悪質商法が増えている。安心して暮らすために誰もが知っておきたい、トラブルの実態とその回避法。










posted by News & Media at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

09.03.11 青山がズバリ! 違法献金事件、検察の真の狙いは

09.03.11 青山がズバリ! 違法献金事件、検察の真の狙いは



papamamapon

2009年03月11日



1  お得なポイント最大10倍のイベントも開催中!楽天市場

楽天トラベルなら、国内のホテルが会員登録なしで予約できます。フリーメール、携帯メールで予約ができるからとっても便利。




小沢に天下を獲らせてみたい!




2 ポイントがつくから断然お得!家電買うなら楽天市場

女性も安心してネットオークションを楽しめる!『楽天オークション』




著者: 平野貞夫

虚像に囚われた政治家小沢一郎の真実




3 話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

【楽天証券】楽天グループの楽天証券で資産運用はじめると、もれなく、最大8,200ポイント!



青山繁晴さん著書

日中の興亡




―――――――――――――――――――――



東京地検特捜部の参考人聴取を拒否した民主党の石川知裕衆院議員


ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

全国各地のニューオープン(1年以内)またはリニューアル(半年以内)のシティホテル・ビジネスホテルを集めました。



tyonnamidamew
2009年03月10日


小沢一郎の元秘書です

昭和48年 北海道足寄町で生まれる
昭和61年 足寄町立西小学校卒業
平成元年 足寄町立足寄中学校卒業
平成4年 私立函館ラ・サール高校卒業
平成8年 早稲田大学商学部卒業
小沢一郎事務所入所
在学中より書生として
小沢一郎代議士の自宅に住み込みで
車洗い、 庭掃除などしながら大学に通う
平成11年 岩手県水沢市の小沢一郎事務所へ転勤
平成12年 東京事務所勤務に戻る
平成16年 民主党十勝の衆議院議員
公認候補の公募に合格
民主党十勝代表代行に就任
平成17年
中川昭一(自民党) 107,056票
石川ともひろ 84,626票(惜敗率79.0%)
平成19年 衆議院議員初当選
荒井聰氏の北海道知事選挙出馬にともなう
衆議院議員辞職により繰り上がり当選



石川知裕
石川ともひろ ウェブサイト

http://www.tokachi-ishikawa.com/





――――――――――――――――――――――








元検事・郷原信郎氏 理解に苦しむこの時期の小沢氏秘書の逮捕




yukikkusu55

2009年03月10日


http://www.videonews.com/
元検事・郷原信郎氏インタビュー
西松建設からの政治献金の虚偽記載容疑で民主党の小沢一郎代表の秘書が逮捕された事件 について、検察OBで桐蔭横浜大学法科大学院教授の郷原信郎氏は、政治団体を経由した 献金に対して政治資金規正法の虚偽記載を適用することは非常に難しいとの見通しを示し た。
 長崎地検の検事時代に自ら政治資金規正法がらみの捜査に携わった経験を持つ郷原氏は、そもそも政治資金規正法は必ずしも実質的な資金の提供者を寄付者として記載することを要求していないことを指摘する。「実際は西松建設がお金を出していることが分かっていても、政治団体から寄付を受けたのであれば、政治資金収支報告書には政治団体の名前を記載しても違反にはならない。政治団体がなんら実態の無いダミー団体で、しかも寄付を受け取った側がその事実を明確に把握していたことが立証されない限り、政治資金規正法違反とは言えないが、実態の無い政治団体はたくさんある。」郷原氏はそう語り、選挙を控えて政治的な影響の大きなこの時期に、あえて野党党首の公設秘書の逮捕にまで踏み切 った検察の意図に疑問を呈した。
カテゴリ: News & Politics


1 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

ホテルを面倒な会員登録なしで予約。フリーメール、携帯メールが使えるからとっても便利。






2 空港周辺のホテルをお探しなら。

【利用料0円!】欲しいあの品、安く買うなら『楽天オークション』




著者: 郷原信郎

思考停止社会





検察のやり口とマスコミの対応



purisui
2009年03月10日




.
posted by News & Media at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

ドキュメント にっぽんの現場「息子を待ち続けた30年・拉致の悲劇」NHK総合

いま放送していました

番組に出ていらっしゃる市川さんのお母さんは

本日、なくなられた模様

ソースは救う会全国協議会のメルマガ

 http://www.sukuukai.jp/mailnews.php?itemid=1693

 


本日、午後3時半頃、市川修一さんのご母堂、市川トミさんがご逝去されました。

トメさんは、10日朝、クモ膜下出血で倒れられ、鹿児島市内の病院に入院しで治療
を受けておられました。

30年間修一さんの帰りを待ちながら、ついに再会を果たすことなく逝かれてしまい
ました。

本日11月15日は横田めぐみさんが拉致された日です。

 

 

 

正直、拉致事件は今だに許せません

 

 

番組公式サイト NHK

http://www.nhk.or.jp/nippon-genba/

「ドキュメント にっぽんの現場」

 

 

「ただいま」を待ち続けて 〜拉致から30年・市川家の秋〜
■ 本放送予定:総合テレビ   11月15日 (土) 午後 10:25〜  
■ 再放送予定:総合テレビ   11月21日 (金) 午前 3:15〜 (木曜深夜)
写真 鹿児島県大隅半島にある集落。ここに拉致被害者・市川修一さんの家族4人が暮らしている。修一さんは昭和53年8月夕日を見に行くと出かけた海岸で拉致さ れた。家族は修一さんのことを話題にすることはほとんどない。互いに悲しみを口に出さないようにして待ち続けてきたのだ。父親の平さん(93)と母親のト ミさん(91)はともに拉致被害者家族の中で最高齢。息子との再会を気持ちの支えに、1日でも長く生きられるよう懸命に生きている。高齢の両親に代わって 救出活動を行っているのは、修一さんの兄・健一さんと龍子さん夫婦。「両親の命があるうちに弟と会わせることができるのか」、進展を見せない被害者を取り 巻く現状に危機感を強める。拉致から30年、市川家の日常に密着、決してあきらめることなく修一さんの帰りを待ち続ける家族の日々を見つめる。
 
 

拉致31年 横田夫妻が訴え


  • 動画形式を変更する

11月15日 19時29分

横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてから15日で31年がたちました。めぐみさんの両親は拉致現場となった新潟市で講演し、解決が長引き家族が高齢化するなか被害者を一刻も早く救出してほしいと訴えました。

昭和52年に当時、中学1年生だった横田めぐみさんが、新潟市で北朝鮮の工作員に拉致されてから15日で 31年がたち、日朝首脳会談で北朝鮮が拉致を認めてからも6年が経過しました。15日、新潟市で講演しためぐみさんの父親の滋さんは「こんなに長い時間が かかっても解決しないとは思ってもいませんでした。問題解決のためには何よりも世論の支援が必要で、引き続き拉致問題に関心を持ち続けてください」と呼び かけました。また、母親の早紀江さんは「『子どもたちを必ず助ける』という信念でこれだけ家族が努力しても何も事態が動かないことがつらくてなりません。 家族は、これ以上、どうしていいかわかりません。わたしたちも年をとり、どこまで生きられるかわかりませんが、『全部やり尽くした』と思えるまで頑張りた い」と訴えました。講演には、北朝鮮で一時めぐみさんと暮らしていた拉致被害者の曽我ひとみさんも出席し、「この1年、何の進展もなくまた時間が過ぎてし まい、胸が痛みます。めぐみさんが日本に帰ってきていっしょに大きな声で歌を歌える日が一日も早く来ることを願っています」と訴えました。

 

 

 

めぐみさん救出訴え署名活動

11月15日 19時29分

横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてから15日で31年となり、めぐみさんが生まれた名古屋では支援団体が署名活動を行って早期救出への協力を呼びかけました。

めぐみさんは昭和39年に名古屋市昭和区の病院で生まれ、鶴舞公園の近くで2歳すぎまで過ごしました。15 日は、拉致被害者の家族を支援する「救う会愛知」のメンバー20人が、若者や買い物客でにぎわう名古屋市中区の繁華街、大須で署名活動を行いました。メン バーたちは「拉致問題は過去の問題ではなく、現在も続いています。名古屋にも縁があるめぐみさんを助けてください」と、めぐみさんら拉致被害者の早期救出 への協力を呼びかけ、多くの若者が足を止めて署名に応じていました。15日は2時間でおよそ450人の署名が集まり、救う会の全国協議会を通じて政府に提 出されるということです。「救う会愛知」は今後も週末に人が多く集まる駅などで署名活動を続けていくことにしています。

 ――――――――――――――――――

 拉致のような行為を許してはならない

 





posted by News & Media at 23:20 | Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。